幼児肥満について

0
    こんにちは!
    受付栄養士の黒田です。
    
     先日、第11回 子どもの食育を考えるフォーラム〜みんなで考えよう幼児期の肥満〜に参加してきました。
    
     獨協大学医学部小児科 有坂治先生の特別公演「幼児肥満の問題点と対応」を始め、
    諸先生方から〈診断・疫学・予後〉〈予防対策〉〈健診と連携〉についてお話を伺うことができました。
    
     肥満には生活習慣に起因するものと、疾患に伴い症状として肥満が出現するものがあります。
    今回は生活習慣に起因する肥満についてです。
     幼児肥満の怖いところは、幼児肥満は高率に思春期肥満に移行するという点です。
    小学校入学時に肥満であると思春期に肥満である危険度は30〜60倍だそうです‼︎
     幼児肥満になる要因は、母親の妊娠前の肥満、高出生体重、幼児期の急激な体重増加などです。特に幼児期の急激な体重増加は学童肥満のリスクを10倍以上高めます。
    以上の事でも分かるように、肥満予防対策は幼児期がもっとも重要な時期になります。
     しかし、普通より肥満度が高い子どもを持つ保護者において、約40%の保護者は自分の子どもが幼児肥満であると認識できていないそうです。
     幼児肥満の判定方法はいくつかありますが、よく使われていて最も分かりやすいのが『肥満度判定曲線』です。
    これは身長と体重からプロットするだけでわかり、経過を追う上でも分かりやすいです。
     又、母子手帳にも記されているので保護者が簡単に肥満度を判定することが出来ます。
    
     幼児期は将来の健康と成長に最も大事な時期です!
    まずは、認識することが重要だと感じました。肥満度判定曲線を記入してみたり、ご家庭で定期的に体重を計るだけでも幼児肥満の予防に効果的だと言われていました。
      当院では、お子さまの歯だけでなく全身を見て健康をサポートできるように取り組んでいます。
    認識のお手伝いが出来るように、診療室には身長計や体重計を準備していたり、肥満度判定曲線も活用しています。
    今回の講演を通して、幼児期の食育の大切さを改めて認識することができたので、より一層、患者様の健康をサポートできるようアドバイスが出来ればと思います。


    迎春

    0
      新年あけましておめでとうございます🎍
      
      副院長の吉田です。
      2017年元旦の初日の出🌄、皆さんは見えましたか?
      
      私は毎年、家族で初日の出を見に行きます。油山の中腹にいいポイントがあるんです👍
      
      今年の初日の出は、雲と雲☁️の間から無事に顔を見せてくれました✨
      
      今年もよい一年になりますように…🙏🏻


      幼児肥満について

      0
        こんにちは!
        受付栄養士の黒田です。
        
         先日、第11回 子どもの食育を考えるフォーラム〜みんなで考えよう幼児期の肥満〜に参加してきました。
        
         獨協大学医学部小児科 有坂治先生の特別公演「幼児肥満の問題点と対応」を始め、
        諸先生方から〈診断・疫学・予後〉〈予防対策〉〈健診と連携〉についてお話を伺うことができました。
        
         肥満には生活習慣に起因するものと、疾患に伴い症状として肥満が出現するものがあります。
        今回は生活習慣に起因する肥満についてです。
         幼児肥満の怖いところは、幼児肥満は高率に思春期肥満に移行するとい点です。
        小学校入学時に肥満であると思春期に肥満である危険度は30〜60倍だそうです‼︎
         幼児肥満になる要因は、母親の妊娠前の肥満、高出生体重、幼児期の急激な体重増加などです。特に幼児期の急激な体重増加は学童肥満のリスクを10倍以上高めます。
        以上の事でも分かるように、肥満予防対策は幼児期がもっとも重要な時期になります。
         しかし、普通より肥満度が高い子どもを持つ保護者において、約40%の保護者は自分の子どもが幼児肥満であると認識できていないそうです。
         幼児肥満の判定方法はいくつかありますが、よく使われていて最も分かりやすいのが『肥満度判定曲線』です。
        これは身長と体重からプロットするだけでわかり、経過を追う上でも分かりやすいです。
         又、母子手帳にも記されているので保護者が簡単に肥満度を判定することが出来ます。
        
         幼児期は将来の健康と成長に最も大事な時期です!
        まずは、認識することが重要だと感じました。肥満度判定曲線を記入してみたり、ご家庭で定期的に体重を計るだけでも幼児肥満の予防に効果的だと言われていました。
          当院では、お子さまの歯だけでなく全身を見て健康をサポートできるように取り組んでいます。
        認識のお手伝いが出来るように、診療室には身長計や体重計を準備していたり、肥満度判定曲線も活用しています。
        今回の講演を通して、幼児期の食育の大切さを改めて認識することができたので、より一層、患者様の健康をサポートできるようアドバイスが出来ればと思います。
        



        あっという間に、、

        0

          靴箱の上にあるボード完成しましたヤッタv

          とても賑やかになりました♪

          みなさんも素敵なクリスマスがやってきましたか?き

           


          平成28年MVP表彰式

          0
            12月7日 MVP表彰式を行いました!
            当院では毎年12月に一年間で一番頑張っていたと
            思う人をスタッフが選んで表彰しています!
            
            今年のMVPスタッフは同点一位で
            
            1位 長岡李奈さん
             「憧れのなりたい先輩で賞」
            
            1位 今村有香さん
             「後輩に素敵な後ろ姿を見せているで賞」
            
            1位 下田琴弓さん 
             「いつも素敵な笑顔で賞」でした!
            
            他のスタッフも全力で頑張っていましたが、
            この表彰式を機に来年も気持ちを新たにスタッフ全員が一致団結し、
            かとう小児歯科を患者様の拠り所にして頂けるよう
            日々頑張っていきたいと思います!



            カレンダー

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            最近の投稿

            アーカイブ

            リンク

            profile

            書いた記事数:227
            最後に更新した日:2019/02/15

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM